PEPEのヨーキー日記♪

神奈川県茅ヶ崎市にあるペットのお店です。ブリーディングも行っており、お客様のワンちゃんたちやお店の子犬たちに毎日、癒されております♪

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » PEPEのお店にて… » TITLE … エミューちゃんの子たち♪

エミューちゃんの子たち♪

8月27日に生まれたエミューちゃんの
赤ちゃん3頭(男の子2頭、女の子1頭)も順調に育っています
エミューちゃんの子たち
一番左の男の子は、体つきがややしっかりしている子です。
真ん中の男の子は少し小さめな体つきの子です。
一番右の子は女の子です。
体つきの小さな小顔の可愛い子です。

実は…この女の子は
生まれつき口蓋(口の中の上顎側)に筋のように裂傷がある子でした。
先天的な口腔内の形成不全です。
その為、水分が、裂傷から鼻の方に入ってしまうので
ミルクを自力で飲む事が出来ません。
ですから、ミルクを直接胃に入れる事が必要となりましたので
哺乳びんではなく私がカテーテルの管で、
当初は1時間おきに哺乳をして育てました。
おかげさまで可愛く元気に成長してくれています。
今はミルクの哺乳も一度にたくさん飲めるようになったので
哺乳も4時間おきになり、ふやかしたドッグフードを食べる練習と
給水器で水を飲む練習を今、毎日させています。

始めはフードが鼻に入りそうになり上手に食べれませんでしたが
毎日だんだん要領が分かり始めて
少しづつ上手に食べれるようになってきています。
お水も小動物用(ハムスター等用)で
少しづつ出る給水器なら飲めるようになってきています。
エミューちゃんの女の子
これから先、もう少し体が成長して全身麻酔に
耐えられる体力になりましたなら
口の中を裂傷を縫う手術をしなくてはなりませんので
この女の子はぺぺで育ててから手術をして、
通常の食事が食べれるようになってから
その後の事は考えてあげたいと思っております。

この女の子のような症状は
裂傷(こうがいれっしょう)と言い先天的な事です。
犬や猫には人間よりも多い割合で生まれますので
どのブリーダーさんでも少なからず出産の経験がある事だと思います。

そして通常は育てる事に大変な労力や気力が必要となりますし、
また成長途中で誤飲性肺炎で亡くなる事もあります。
そして1~2回の手術も必要となりますので、
ほとんどのブリーダーさんが産まれてすぐに、
安楽死の選択を余儀なくされるのは、仕方のない事だと思います。

でも私は出来る限り、母親がせっかく授かった命を
生かせるようにして生れた事に意味をあたえ、
障害がある子でも育ててあげて幸せにしてあげたいと常に思っております。

そのような事を考えると今の労力や大変さは大した事ではありません。
実際、この女の子は毎日楽しそうに兄弟と遊んでいますので、
成長を見て育てる事が楽しい毎日になりました

私は今までに口骸裂傷の赤ちゃんの出産は30数年間の中で
何頭かおりました。
育てた子はやはり誤飲性肺炎で亡くなる事が多く、
生後3か月の可愛い盛りで亡くした辛い経験もあります。
それはもう20年程前の事ですが…
また、元気に育ち、手術をし、里親様で通常の生活をしている子もいます。

昨年12月に産まれた1頭の女の子は口蓋裂傷でしたが
茅ヶ崎の高田犬猫病院の院長先生が育ててくださって
手術もして頂けて今年のぺぺッ子会に参加出来るほど元気に成長しています。
エミューちゃんの女の子も、なんとか通常の暮らしが出来るようになるまで
愛をかけて面倒を見て育てたいと私は思います。
どうかこの女の子がこれからも元気に育ちますよう
に願って応援して頂ければ、心強く思います。

エミューちゃんの子達は子犬情報に掲載しました<<こちら>>
ライブ中継は10月7日デビュー予定です。
もちろん女の子も兄弟と一緒に中継いたしますので
彼女が障害に負けずに頑張っている姿や可愛く遊ぶ
成長を見て頂ければ、私も嬉しく思います。
よろしくお願い申し上げます。

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう