FC2ブログ

PEPEのヨーキー日記♪

神奈川県茅ヶ崎市にあるペットのお店です。ブリーディングも行っており、お客様のワンちゃんたちやお店の子犬たちに毎日、癒されております♪

04月« 2021年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » CATEGORY … 里親様にお迎えを頂きました♪

ところちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

たくさんの可愛い赤ちゃんを産み育ててくれた
ところちゃんが里親様のお家に巣立ちました。
ところちゃん新しいお家に巣立ちました~
里親様のお家は、2016年にところちゃんが産んだ
息子のマロンくん<<こちら>>が暮らしているお家です。
以前から…ところちゃんの引退後のことを
とても気にかけてくださっていたご家族様です。
ところちゃんがお母さんを引退してから1か月ほどトライアルで
ところちゃんを預かっていただきマロンくんとの様子見ていただいてから
お迎えを決めていただいてからで大丈夫です とお伝えをしていました。

トライアルで、ところちゃんもマロンくんとだいぶ仲良くできるようになり
マロンくんもお母さんのところちゃんを受入れてくれるようになってきたそうです。
そしてお迎えを決めてくださいました。
ところちゃん親子
私たちスタッフも、こうした環境に巣立てたことをとても嬉しいです
私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。

マロンくんとところちゃんはとても良く似た親子です
気立ての優しいマロンくんなので
お母さんとこれからも仲良く暮らしていくことと思います。
新しいお家でも「呼べはすぐに来てくれますよ」とお話をうかがいました。
すぐにお家にも慣れてくれたそうです。
これから少しづつ  里親様の生活の中に溶け込むように
暮らしていってくれると思っております。
ご家族様とマロンくん そしてところちゃん、
皆さまで幸せに過ごされていただけますことを心より願っております。

また、マロンくんとところちゃんと一緒にぺぺに遊びにいらしてください。
お待ちいたしております

チュナちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

5日にペペでお母さんとして
たくさんの可愛い赤ちゃんを産み育ててくれた
チュナちゃんが里親様のお家に巣立ちました。
チュナちゃんお迎え
新しいお家は昨年16歳のヨーキーの男の子を亡くされたご家族様です。
里親様をペペにご紹介してくださったのは
チュナちゃんの娘で…
里親様のすぐご近所に住んでいるチャイちゃん<<こちら>>
のご家族様のご紹介でペペを訪ねてくださいました。
チャイちゃんのご家族様は前々からチュナちゃんの里親の
ご希望を下さっていたのですが諸事情が、おありになったため
里親様をご辞退されたれたのですが
ご近所でご愛犬をなくされた方に
「この方かただったらチュナちゃんは必ず幸せになれる」との思いで
チュナちゃんのことをお話されたようです。
早速 チュナちゃんに会いに来てくださり、
とてもお優しいご家族様なので
チュナちゃんの里親様をお願いしようと思いました。
チュナちゃんお迎え02
お迎えのときは少しチュナちゃんも緊張しているようでしたが
後日、チャイちゃんのママさんから近況をいただきました。
親子での再開も出来て、これから一緒にお散歩したり
遊んだり出来ることを楽しみにされています。
チュナちゃん
チュナちゃん02 
私たちスタッフも、こうした環境に巣立てたことをとても嬉しいです
私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。

チュナちゃんは気立ての優しい子なので娘のチャイちゃんのことも
思い出し、また大好きになってくれると思っています。
素晴らしいご縁を頂きチャイちゃんのご家族様そして里親様に感謝しております。
これからもまたどうぞよろしくおねがいいたします。

また、チュナちゃんとチャイちゃんと一緒にぺぺに遊びにいらしてください。
お待ちいたしております

ひみこちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

12日にペペでお母さんとして
たくさんの可愛い赤ちゃんを産み育ててくれた
ひみこちゃんが里親様のお家に巣立ちました。
ひみこちゃんが巣立ちました
新しいお家は…ひみこちゃんのお母さんのひとみちゃん
そして、ひみこちゃんのお兄さんのはるくん
おじさんにあたるユリアくんが暮らしています。
http://petsalonpepe1983.blog52.fc2.com/blog-entry-1739.html
そうした家族が暮らすお家に巣立つことができました。
前々から「ひみこちゃんが引退したときはお迎えしたい」という
ありがたいお話をいただいておりました。
ひみこちゃんは、まだ引退するには少し早かった年齢でしたが
今年、子宮の病気になってしまい緊急手術をしました。
無事回復しましたので里親様にご連絡をいたしました。 
そして楽しみにされていたご家族様が皆を連れて
お迎えにきてくださいました。
集合写真

ひみこちゃんは最初、ちょっと緊張した面持ちでした
が無事、巣立つことが出来ました。
里親様より近況やお写真もたくさんいただきました。
お母さんのひとみちゃんは、
お迎えのときは自分の娘だという感覚がなかったようですが
お家に帰ってからは優しく接してくれているようです。
ひとみちゃん親子02
みんなが歓迎をしてくれいて…
ひみこちゃんも日々本領を発揮してお転婆ぶりをみせたり
ご家族様に甘えられるようにもなっているようです
ひみこちゃんより
こうしてまた優しい里親様にペペのお母さん犬が
巣立てましたことを心より感謝申し上げます。
またいつかペペッ子会などで、
みんなにあえることを楽しみにしております

テンちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ペペでお母さんとして
可愛い赤ちゃんを産み育ててくれた
テンちゃんが里親様のお家に巣立ちました♪

テンちゃん新しいお家に巣立ちました~
テンちゃんは、もずくちゃんの娘で…
もずくちゃんの後を継ぎ出産、子育てと頑張ってくれました。
子供たちは少なかったですが、
とても可愛く性格の良い子たちを産んでくれました。
テンちゃんは たくさんのペペの子たちの中で
みんなと仲良く過ごしました。
とても甘えん坊さんで「もっと、もっと~」と 
甘えたいと思いながら過ごしていたのではないかなと思います。

そんなテンの気持ち満足させていただける
里親様とご縁をいただき巣立つことができました。
里親様は先住犬のヨーキーの女の子もブリーダーさんの引退犬を
6歳でお迎えし13歳で天国に見送られたと伺いました。
その先住犬の女の子のお写真を見せていただきましたら
とてもテンちゃんに似ていると思いました。

お迎えの日にはご家族様よりお赤飯もいただきました。
お赤飯をいただきました
こうして、テンちゃんの新しい門出を
私たちスタッフもありがたくお見送りすることが出来ました。
テンちゃんお迎え

早速近況もいただいております。

ビデオでは
お優しい里親様に迎えられてテンちゃんもすっかり慣れて
ご家族様のことを好きになってくれているようで安心いたしました

私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。

本当に手厚く優しくお迎えをしてくださり
心より感謝いたしております。
テンちゃんのこれからの余生がきっと穏やかに
幸せに楽しく過ごしていけることを願っております。  
これからもテンちゃんをよろしくお願いいたします。

ケイティちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

11月24日にペペでお母さんとして
たくさんの可愛い赤ちゃんを産み育ててくれた
ケイティちゃんが里親様のお家に巣立ちました♪

ケイティちゃん
里親様のお家はケイティちゃんが初めての
出産で産まれたニコちゃん<<こちら>>
最後の出産で産まれたウーゴくん<<こちら>>が暮らしているお家です。

新しいお家には、ひとみちゃんの子のロワくん、
ケイコちゃんの子のテオくん、
ファンタの子のマーレくんが暮らしていて全員で5頭の
先住犬がいるヨーキーファンのぺぺっ子ファミリーです。
ペペッ子たち
前々よりお家のご家族様は、ペペのケイティちゃんのことが大好きで
ケイティちゃんがまだ子供だったころから
「ケイティちゃんが出産したら第一子を迎えたい」
おっしゃってくれていました。
そしたケイティちゃんの最後の子も
お迎えしてくださったほどのケイティファンのご家族様です。

お試しで、暫くお家にお世話になっていたところ
娘のニコちゃんと、とても仲良くしている姿
がとても微笑ましかったそうです。
お迎えを決めてくださりケイテちゃんを、
とても愛してくださるご家族様のもとに迎えていただけることが
心より嬉しく思います。本当にありがとうございます。

大家族なので、にぎやかで幸せな日々が
ケイティちゃんに毎日続いていることと思います。
近況もいただきました。
母と娘と息子が一緒に暮らせるようになりました。
ケイティちゃん母子
お家も近いので、またこれからトリミングなどで
またケイティちゃんに会えることや
いろいろなエピソードなども伺えることを楽しみにしております
お迎えいただきありがとうございました。
また皆で遊びにいらしてください。お待ちいたしております。



リンリンちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

13日にペペでお母さんとして
たくさんの可愛い赤ちゃんを産み育ててくれた
リンリンちゃんが里親様のお家に巣立ちました。

リンリンちゃん新しいお家に巣立ちました~
里親さんのお家は、やはりペペからお母さんを引退した
ミンミンちゃんが暮らしているお家です。
http://petsalonpepe1983.blog52.fc2.com/blog-entry-1545.html

ミンミンちゃんはリンリンちゃんの、おばさんにあたります。
リンリンちゃんのお母さんのランランちゃん
一緒に生まれた姉妹なのです。
http://petsalonpepe1983.blog52.fc2.com/blog-entry-47.html

里親さんのおうちは他にも何頭か引退犬を飼われておりましたが
老齢でなくなってしまいました。
ミンミンちゃんは一人になってしまい、
とても寂しそうにしているのでお迎えを考えてくださいました。
以前からミンミンちゃんの温厚な性格を気に入っていて
同じ血筋の子で、「もし引退犬がいたときには迎えたい」と 
ご希望をいただいていました。

里親さんがリンリンちゃんに会いにいらしたときには、
ちょうどリンリンちゃんの姉妹のパヒちゃんが来てくれていたり
パヒちゃん
リンリンちゃんのお迎えの日にはミンミンちゃんの
息子の豆丞くんが来てくれていたりと
豆丞くん
嬉しい偶然も重なりました

実は1週間トライヤルで里親さんのお家に行ったことがありました。
その日のうちに、ご家族様のひざの上に甘えて座るようになっていたそうです。
ミンミンちゃんとも、きっと仲良く暮らしていけると思います。
気持ちがしっかりしている子なのですぐに新しいお家にも慣れると思います。
ミンミンちゃん
リンリンちゃん今まで本当にありがとう!お疲れさまでした!
これからの余生を、のんびりと楽しんでもらいたいと願っております。
優しい里親さまのもとに巣立てたことを本当に嬉しく思っています。
お迎えありがとうございました。
また、ミンミンちゃん、リンリンちゃんと一緒にペペに遊びにいらしてください。
お待ちいたしております


あーちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺでお母さんとして、
可愛い子たちをたくさん産んでくれた 
あーちゃんが出産子育てを引退して
里親様のお家に巣立ちました。

あーちゃんが里親様のお家に巣立ちました
新しい里親さんのお家は…
あーちゃんの息子のウーゴくん<<こちら>>
先住犬のリョウくんが暮らしています。
http://petsalonpepe1983.blog52.fc2.com/blog-entry-1734.html
里親様からお話があったとき、
あーちゃんが産んだ自分の子と一緒に暮らし
第二の人生をおくれるのは、大変稀なことで
嬉しいことなのでお願いをいたしました。
あーちゃんはとても無邪気で子供のよう天真爛漫な子ですが
一生懸命子育てをしてくれたお母さんです。
生まれてから、あーちゃんが怒るところを一度も見たことがないほど
温厚な性格の子です。
ですからウーゴくんやリョウくんとも、きっと仲良くできると思っています。
あーちゃんお迎え

あたらしお家から近況もいただきました。

ママさんはブログもされているので是非、あーちゃんたちの様子を
見に訪問していただければと思います。
http://marymog.blog59.fc2.com/

私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。
とても寂しい気持ちもありますがブログのあーちゃんの様子を
拝見させてもらい幸せそうな様子が沢山伝わってきて嬉しいです

本当に手厚く優しくお迎えをしてくださり心より感謝いたしております。
あーちゃんのこれからの余生がきっと穏やかに
幸せに楽しく過ごしていけると思っています。

お迎えありがとうございました。
ペペッ子会にも、ご参加をお申込みをいただいておりますので 
また再会できることをたのしみにしております


ポンポンちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺでお母さんとして、可愛い子たちをたくさん産んでくれた 
ポンポンちゃんが出産子育てを引退して
里親様のお家に巣立ちました。

ポンポンちゃん新しいお家に巣立ちました~
里親さんは以前、19才のミニチュアピンシャーの女の子を亡くされていた方です。
お家はぺぺからすぐお近くのお家です。
新しいお家の里親さんはご近所なので、
いつもペペの前を、お買い物のときなどにに通られていました。

私がお店の前の花壇にお水をあげているときに、
ちょうど通られて、ご挨拶をしながら
その先住犬が亡くなったお話などを聞き
「また新しい子を迎えたいけれども
小犬は年齢的に難しいので里親になれる子はいませんか」と
以前より問われていました。

そして出産を引退したポンポンちゃんを紹介しましたところ
とても気に入っていただきお迎えを決めてくださりました。
ポンポンちゃんお迎え
巣立ったあと、それから毎日のように様子を伝えにきてくださり
本当に大切にしてくださっています。

ポンポンちゃんはすっかりご家族に懐いています。
いっときも離れないように膝の上に座ったり、
お家の中で移動するときも、ぴったりとくっついていつみ甘えているようです
ポンポンちゃん、新しい幸せなスタートがきれていると思いとても感謝しております。
里親様からも「毎日ががとても楽しくなったとお話をいただきました。

私は常々、ブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、母親犬達の幸せも
考えなくてはいけないと、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては 失格ではないかと思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。
とても寂しい気持ちもありますが…
ポンポンちゃんの幸せそうな姿が沢山伝わってきて嬉しいです。
大切にしていただきまして本当にありがとうございます。

ご近所なので、これからもポンポンちゃん様子を伺いながら
何かあればサポートしていきたいと思っております。


ルンルンちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺでお母さんとして、可愛い子たちをたくさん産んでくれた 
ルンルンちゃんが出産子育てを引退して
里親様のお家に巣立ちました。

ルンルンちゃん新しいお家に巣立ちました~
新しいのお家は昔から、とても長いお付き合いをさせていただいているお家です。
今はマクリちゃんという12才の女の子が暮らしています。
以前は、その子の両親犬も暮らしていました。  
両親犬が亡くなられた後、とてもつらく寂しい日々を過ごされていましたが
ぺぺのルンルンちゃんが亡くなったお父さん犬のジャンくんに
良く似ているということもあり引退した後、
里親になってくださるというご希望を以前よりいただいておりました。
そして、そのとき最後の出産で男の子が生まれたらルンルンちゃんと一緒に
お迎えをしたいというご希望をいただいておりました。
ルンルンちゃんは最後の出産で男の子と女の子を1頭ずつ出産したのですが
男の子は口蓋裂傷という口の中の奇形を伴って産まれてきました。

そうした経緯もお伝えしましたが
「手術をして普通の生活が出来るようになれば
やはりルンルンちゃんの男の子もお迎えをしてくださる」

いうお話をいただきました。お名前もグランくんに決まりました。 
ルンルンちゃんお迎え02
ルンルンちゃんお迎えのときは
その男の子も一緒に記念写真を撮ったのですが
まだ手術が終わっていないので先にルンルンちゃんだけ
お迎えをしていただいてまた後から息子のグランくんは巣立ち、
母子で過ごすことになります。

ルンルンちゃんは、とても気立てが優しく温厚な子で甘えん坊さんです。
ぺぺで暮らしていたときは、どの子とも争いことなどなく
仲良くできる子でしたので、きっっと里親さんの子の先住犬の女の子
とも仲良く過ごせるのではないかと思っています

早速、近況もいただきました。
ルンルンちゃん
ルンルンちゃん002
先住犬の、まくりちゃんとお散歩も一緒に行けるようになりました。
カフェや海にも行ってきました。

息子のグランくんのお迎えのころには、ルンルンちゃんも
新しいお家にも、すっかり慣れて楽しく暮らしている頃だと思います。

里親さまが笑顔でルンルンを迎えてくださったこと、
また息子のグランくんのお迎えも決めてくださったことは
私たちスタッフ一同、とても嬉しく思いました。
お迎えありがとうございました。
これからまた、グランくんのこともご報告させていただきますので
よろしくお願いいたします。


ファンタちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺでお母さんとして、可愛い子たちをたくさん産んでくれた 
ファンタちゃんが出産子育てを引退して里親様のお家に巣立ちました。

ファンタちゃん
巣立ったお家はファンタちゃんの息子のリッキーくんが
暮らしているお家です。<<こちら>>
リッキーくんのご家族がファンタちゃんが引退することを知られたときに
「息子のお母さんを迎えてあげたい」という
お気持ちになっていただけました。

ですが実際リッキーくんとファンタちゃんがどのように過ごすかは
予想が出来ませんので私は少しお休みがあるとき…
それは年末年始でしたので
「お試しでファンタちゃんをお家に迎えて様子をみていただいたらどうですか?」
と提案をさせていただきました。
そして昨年の年末から今年のお正月にかけて2週間ほど
ファンタちゃんはリッキーくんのお家にお世話になり年越しをしました。
そのときも、すぐにリッキーくんとも打解けて一緒に遊ぶ様子などを
メールや動画をいただいたりしました。
そこでリッキーくんと仲良くできる様子が見られましたので
お迎えを決めてくださいました。

ファンタちゃん02
リッキーくんは、ご家族様の話ですと普段は他のワンちゃんとは
特別に親しくなった子以外はあまり遊んだりしないのですが
ファンタちゃんとはすぐに仲良くなれたそうです。
やはり親子のキズナがあったのかなと思います

お迎えしていただいたあとにも沢山近況をいただいております。
素晴らしい里親様にご縁を頂けた事を本当に良かったと思いました。
ファンタちゃん-リッキーくん
お迎え本当にありがとうございました。
また、ファンタちゃん、リッキーくんと
ご家族様にお会い出来ます事を楽しみにしております


ちとせちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺでお母さんとして、可愛い子たちをたくさん産んでくれた 
ちとせちゃんが出産子育てを引退して里親様のお家に巣立ちました。
ペコちゃん
ちとせちゃんのご希望をいただいたとき
新しいお家は先住犬の9歳の男の子や猫ちゃんが暮らしています。
その環境になれて、仲良くできるかな?ということで里親さんと
相談をしまして1ヶ月ほど新しいお家で生活をしていました。
そして里親さんが先住の男の子や猫ちゃんとも仲良く出来ると
思われましたので、お迎えをいただくことになりました。

ペペにちとせちゃんをお迎えに来ていただいたとき
先住犬のポメラニアンとスピッツのミックスの
男の子のタイモンくんも一緒にきてくれました。
ペコちゃん02
お店で出会った途端に、ちとせちゃんを気に入ってくれていたので
うまく仲良くいくことを予感していましたが
ちとせちゃんが、とても新しいお家に馴染んでいます。
ペコちゃん04
特にお家のパパさんにはべったりだと伺っています。
ぺぺのお母さんたちが里親さんのお家に行くと、
普通はパパさんに少し距離がある子が多いのです。
それは私をはじめペペのスタッフが全員女性ということもあり
引退したお母さんたちはどうしてもパパさんに
なつくまでは少し時間がかかる子が多いのです。
でも、ちとせちゃんはパパさんにべったりということで
それはそれでとても嬉しくことでまた新たな発見だと思っています。
ペコちゃん03
ちとせちゃんは、毎日本当に愛情を受けて幸せに暮らしています。
お散歩も大好きで、お友達も沢山できたそうです。
初めての旅行にも連れて行っていただきました。
ペコちゃん06
ペコちゃん07

私は常々思っておりますがブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、母親犬達の幸せも
考えなくてはいけないと、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては 失格ではないかと思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。
とても寂しい気持ちもありますが…
ちとせちゃんの幸せそうな顔がお写真より沢山伝わってきて嬉しいです

大切にしていただきまして本当にありがとうございます。
近況もたくさんいただきありがとうございます。

そして、ちとせちゃんは新しいお家でお名前を戒名することになりました。
今の名前はペコちゃんといいます。
(名前呼びやすいのが良いと言う事で、
ちとせから千歳飴〜不二家のキャラクター舌がペロってなってるのもあって、
ペコちゃんと命名したそうです。)
そうした、いきさつなどママさんがしているブログに書かれていますので
こちらもご覧いただければと思います。
https://ameblo.jp/rate-taimon

ペコちゃんと、たいもんくん、猫ちゃんのマナティちゃん、
みんなが幸せに過ごされますよう願っております。
また、機会がございましたら、いつでもぺぺにも遊びにいらしてください。
里親様、お迎え本当にありがとうございました。


みかんちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺのお母さんで赤ちゃんの出産、子育てをしてくれていた
みかんちゃんが引退をして里親様のお家にお迎えをいただきました。
みかんちゃん里親様に巣立ちました♪
新しいお家はお家は茅ヶ崎市内です
里親さんのお家はぺぺが開店した頃からのお客様で
かれこれ30年以上のお付合いをさせていただいているお家です。
シェルティーの女の子「ミーちゃん」
そして先代のダックスフンドの「ももちゃん」と
ずっとトリミングに来てくださっていました。
ももちゃんが亡くなったときからご家族は長らくとても
寂しい毎日を暮らしていてぺぺに相談をいただきました。

子犬からでは育てるのが自身がないということもあり
里親さんになりたいというご希望をいただいていましたので
みかんちゃんを紹介したところとても気に入ってくださり
お迎えいただく運びとなりました。

みかんちゃんはとても人懐っこく誰にでも愛想のいい子ですが
新しいお家に行って、毎日どういう様子かと気にかけておりましたが
ご連絡をしたところ、お家のお母様にとても懐いて
どこえ行くにも一緒にそばについているようです。
周りのかたにもとても可愛がられているとのお話でした。
みかんちゃんお迎え
またこれからも毎月、みかんちゃんのトリミングで再会できるときを
私たちスタッフも楽しみにしております
とても優しい里親様にご縁をいただけましたことを感謝申し上げます。
ありがとうございました。

これからも、みかんちゃん…
まだまだ長生きをして何年も楽しく新しいお家で暮らせると
思いますのでよろしくお願いいたします。


こむぎちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

ぺぺでお母さんとして、可愛い子たちをたくさん産んでくれた 
こむぎちゃんが出産子育てを引退して里親様のお家に巣立ちました。
こむぎちゃん

新しいお家は、こむぎちゃんとプレスリーくんの子で
2013に生まれたショウくん<<こちら>>のお家です。
ペペッ子会にも毎年参加していただいており、
掲示板やブログでペペッ子たち皆さんにお声をかけてくださって
たまごさんでお祭りのようなイベントも催して
いただいておりますのでご存知の方も多いかと思います。

当日は、山梨県の里親さまに巣立った、
もずくちゃんと娘モモコちゃんのご家族もペペに駆けつけてくださいました。
もずくちゃんがやはり引退してモモコちゃんのお家に巣立ったのは
こむぎちゃんが巣立った同じ4月16日と
もずくちゃんのママさんより伺いました。
何か特別なご縁がこの日にあったんだな~
モモコちゃんのママさんともお話をしていました。
その日は偶然にも、こむぎちゃんの息子のジャスミンくんも
来てくれていたのでジャスミンくんもいっしょに兄弟たちと記念撮影もしました
集合写真

私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。
とても寂しい気持ちもありますがショウくんのお家なら
必ず幸せになると思っておりますので
晴れの門出を笑顔で見送ることができました。
ありがとうございました。

トリミングにもショウくんはいつも来てくれていますが
そのときに、こむぎちゃんとも母子で再会していましたが
こむぎちゃんはいつもショウくんやご家族と会うと嬉しそうにしていましたので
きっと新しいお家でもすぐにご家族様や息子のショウくんとも
慣れて暮らしていけるのではないかなと思っています
ショオウくん-こむぎちゃん

早速近況を頂きました
「車の中では二人とも大人しくしてました我が家に着いてから、
こむぎはテンションMAXで、凄く嬉しそうです。ショウも凄く嬉しそうです。
本当にありがとうございましたショウとこむぎを大切に育てます。」
ショオウくん-こむぎちゃん02

近況ありがとうございました。
新しいお家でもこむぎちゃんが嬉しそうにしている様子が目に浮かびます
トイレのことやなれないことでいろいろとご迷惑をおかけすることも
あるかと思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

また来月、トリミングやペペッ子会の時、ふたりの近況を楽しみにしております。
また何か気になることなごありましたらお気軽に何でも相談してください。
お迎え本当にありがとうございました。

グッピーちゃんが里親様にお迎えを頂きました。

ペペのお母さんを引退した
グッピーちゃんが里親様にお迎えを頂きました。

グッピーちゃん
新しい子犬を と思う気持ちもあったそうですが
ご夫妻のが年齢から子犬からようりも成犬になって
ぺぺで引退している子を迎えたいをご希望をいただいておりました。
とても優しくきめ細やかにお世話をしていただける里親さまです。

引退したお母さん犬達を里子にお願いするときは、
私もスタッフも それぞれの思い出がありますから、
別れはとても寂しく、断腸の思いがありますが、
ぺぺの大家族での余生よりも、
ご家族の愛情を独り占めができ、のんびりと悠悠自適な
毎日を過ごさせてあげたいという思いをお伝えして
理解して頂ける方に里親をお願いをしています。

ぺぺに見学にいらしたときに
グッピーちゃんを紹介したところグッピーちゃんが
遊んで遊んでと 全く人見知りすることなくやすいていたので
笑顔でお迎えを決めて下さいました。
グッピーちゃんは犬にも人にもとてもフレンドリーで
怒ったところ見た事のない明るく温厚の子です。
ちょっぴり頑固なところがありますがそれがヨーキーらしい
面白さを持っている子です。
巣立つ前にも娘のクレアちゃんが会いにきてくれました
グッピーちゃん母娘
里親さま、グッピーちゃんをよろしくお願いいたします。

なお…
グッピーちゃんが12月30日の最後の出産した男の子2頭も
新しいお家が決まりました♪
2頭のうち1頭はとても極小犬で食欲も細く元気はありますが少し、
育てるのに手がかかるため高田動物病院の院長夫妻が
向かいいれてくれることになりました。名前は「めだかくん」です。
もう1頭の男の子は、体重が750㌘を超え元気に巣立っています。
新しいお家はグッピーちゃんの娘のクレアちゃんが暮らすお家です。

クレアちゃんのママさんは、以前よりもう1頭クレアちゃんの
弟か妹をほしいと思っていらっしゃいました。
ちょうど12月30日に生まれたグッピーちゃんの男の子が
その後、どうなったか気になりぺぺを訪ねてくださいました。
そして、やはりクレアちゃんと同じ兄弟の子がいいというお話で
男の子をとても気に入ってくださりお迎えを決めてくださいました。
名前は「キュートくん」です。
ぺぺでは、「キューちゃん」と相性で呼んでいます。 
        キュートくん          めだかくん  
キュートくん めだかくん
またお迎えしていただきましたらお知らせいたします

ケイコちゃんが里親様にお迎えを頂きました。

ペペのお母さんを引退した
ケイコちゃんが里親様にお迎えを頂きました。

ケイコちゃん02
里親さんお家は ぺぺから歩いてすぐのご近所様です。
ママさんのご実家にはヨーキーの男の子が暮らしていて
ぺぺにトリミングにきてくださっています。
里親様のお家には小学生のお嬢様が二人いらっしゃいます。
お迎えを決めて下さった1週間ほどお試し体験で
ケイコちゃんをお泊りさせていただきましたら
お嬢様たちがとてもケイコちゃんを気に入ってくれてました。
ケイコちゃんは犬には少し強気なところがありますが
人にはとても忠実な子です。
まだまだ、お子様たちとも、遊ぶオチャメなところがある子なので
これからも元気にお子様あたちと一緒に過ごすと思います。
ケイコちゃん
ケイコちゃん…
2090年に雑誌のモデルになったときが懐かしく思います<<こちら>>
お散歩でぺぺの方に来た時はいつでもお立ち寄りください。
ケイコちゃんにまた会えるのを楽しみにしています

こちらも2015年に里親様にお迎えをいただいた<<こちら>>
ヨウコちゃんより近況をいただきました。

とても元気に楽しく暮らしています
ヨウコちゃん
ご家族様、ヨウコちゃんの余生を幸せにしてくださってありがとうございます。
これからも、ご家族様と穏やかに長生きしてくれますように願っています。

以前もお話ししましたが…
私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や
遊ぶ時間には 限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと常に思っております。

ですので、引退したお母さん犬達を里子にお願いするときは、
私たちスタッフも それぞれの思い出がありますから、
別れはとても寂しく、断腸の思いがありますが、
ぺぺの大家族での余生よりも、
ご家族の愛情を独り占めができ、 のんびりと悠悠自適な
毎日を過ごさせてあげたいという思いをお伝えして
理解して頂ける方に里親をお願いをしています。

もずくちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

4月16日にペペのお母さんを引退した
もずくちゃんが山梨県の里親様にお迎えを頂きました。
里親様のお家には、もずくちゃんの娘のモモコちゃんが住んでいます。
もずくちゃん
お迎え前に、もずくちゃんの大勢の子供たちとご家族様が
お別れの挨拶に来てくれました。ありがとうございました。
くるみちゃん

卒業証書

集合写真

そしてとても素敵な卒業証書も頂きました。
卒業証書02
来てくれた、ご家族様が皆で相談して作ってくれました。
本当にありがとうございました
もずくちゃんの子どもたちの兄弟姉妹のご家族様たちは
皆様、仲が良くいつも楽しく交流しているそうです。

以前もお話ししましたが…
私はブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、
同じように、 またはそれ以上に、引退した父親犬、
母親犬達の幸せも考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や遊ぶ時間には
限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる、
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと思っております。

こちらも、もずくちゃんの息子のたちのマシュウ・マローくんより
お写真をいただきました
もずくファミリー

ご家族様「兄弟のモモコちゃんのところに遊びに行きました。
ご家族様「マシュマロは混雑は苦手なので、
ほとんど御殿場で過ごしましたが、平日に山梨へ行ってきました。
もずくちゃん&モモコちゃん親子と仲良くお散歩しました。
もずくちゃんがすっかり今の生活に慣れて、
モモコちゃんとも仲良くとても嬉しかったです。
かなりの甘えん坊ちゃんですね~(^^)
モモコちゃんももずくちゃんも、とても幸せなお顔で、
もうすっかり素敵な家族でした。
ご家族の愛情たっぷりのおかげだと思います。
マシュマロもママと妹に会えて、大興奮でした。
ぺぺさんのおかげで楽しく交流させていただき、感謝しています。
ありがとうございます。」

お写真ありがとうございました。
もずくちゃんも新しいお家にもすっかり馴染んだようで、
モモコちゃんとも母娘仲良く暮らせているようですね
とっても嬉しいご報告ありがとうございました。
もずくちゃんの子供達のご家族様が
仲良く交流されている事をいつも嬉しく思っております。
これからも末永く皆様がお付きあいくださるように
心より願っております。
また、皆ペペッ子会で再会できればいいですね


ひとみちゃんが里親様にお迎えを頂きました♪

10日にペペのお母さんを引退した
ひとみちゃんが東京の里親様にお迎えを頂きました
ペペにいる、ひとみちゃんの娘のひみこちゃんとも一緒に記念撮影もしました。
ひとみちゃん巣立ち
お迎えの日はお留守番でしたが
里親様のお家には、ひとみちゃんの息子のはる君と、
ひとみちゃんの弟のゆりあ君が暮らしています。
お迎え頂くお家としては素晴らしい愛犬家ですから
何も心配の無い嬉しいご縁なのですが
少し心配だったのはひとみちゃんは、
人にはとても忠実でおとなしいのですが
犬に対しては強気な性格なので
その事はお迎え前からご家族様にお話をしていました。

ご家族様は「大丈夫、大丈夫、はるもゆりあも、
ひとみちゃんか大好きだから怒られてもきっとめげないから」
と言ってくださったのですが私もスタッフもひとみちゃんが新しいお家で
後から行ったのに女王に君臨するのではないかしら……と
少し心配していたのです。
ご家族様は「女王になってもいいからネ」と、
ひとみちゃんに言ってくれましたが
そうした心配は、取り越し苦労でした(^-^)
ひとみちゃん巣立ち02
ご家族様からはお迎え当日からたくさん近況を頂きました。
私やスタッフが心配しているだろうと
細やかにメールやお電話で近況をくださいました。
ありがとうございます(^-^)

ご家族様より「すっかり仲良くなりました。
もうずっと前から、3頭で暮らしていたみたいです。
「ひとみちゃーん」 と呼ぶと、耳をベタンとして笑うので、
何度も呼んでいます。
パパも目尻が下がりっぱなし。
うちに里子に出してくださり、本当にありがとうございました
(*^ー^)ノ♪」

      ひとみちゃん

近況ありがとうございます。
ひとみちゃんが名前を呼ばれたときに笑うのは、
本当に心が落ち着いているからです
こんなに早くお家やワンちゃん達と過ごし始めていて
嬉しくて涙が出ました。

他にも頂いた近況には、はる君とゆりあ君とじゃれ遊ぶ様子や
一緒に寄り添って寝る様子等、すっかり仲良しにになった
近況を頂きました。
こんなに早くひとみちゃんがお家になれたのは
ご家族様の優しさのお陰です。
そしてゆりあ君とはる君の性格の良さゆえです。
パパさんはひとみちゃんのお迎えの日から
5日間もお仕事を休んでくださって
ひとみちゃんがお家になれるためにと
ママさんと一緒にずっとお世話をしてくださいました。

お迎えの日にはママさんは犬用のお米で、お赤飯も作ってくれて、
持って来てくださったのです。
お赤飯 
お赤飯はペペの子達皆の夕飯に少しづつ分けてあげて
ひとみちゃんの門出と幸せを願いお祝いしました。
娘のひみこちゃんも美味しくいただきました
お赤飯02 
里親様には感謝の気持ちでいっぱいです
優しく、手厚くお迎えしてくださってありがとうございました。

里親様には、毎年ペペッ子会にもご参加を頂いておりますので
今年のペペッ子会ではひとみちゃんの子供達は
里親様を中心にして輪になるかと思いますのでよろしくお願いいたします。
ひとみちゃんは息子と弟と幸せな暮らしを始めています…
ひとみちゃんとお別れに会いに来てくださった
子供達のご家族様もきっとこの記事を喜んでくださると思います。

ブリーダーは産まれて来る赤ちゃん達の幸せと、同じように、
またはそれ以上に、引退した父親犬、母親犬達の幸せも
考えなくてはいけないと、 常々、思っております。
ブリーダーとして、引退した親犬達の余生の幸せを考える事は、
必ず通らなければならない事で…
親犬達の幸せを一番に思いをかける事が出来なければ、
どんなに可愛い子犬達を産ませていても、
ドッグショーで活躍しても、ブリーダーとしては
失格ではないかと私は思っています。

私は子犬が巣立つお家のご縁と幸せ願う気持ちと、
親犬達の里親様へのご縁と幸せ願う気持ちにはやはり違いがあります。
里親様とのご縁をいただき引退した母親犬達との別れを想うと、
皆、手元に置きたい…と思いでいっぱいですが
でも、やはり大家族での幸せには1頭1頭に向ける時間や遊ぶ時間には
限りがあります。
ぺぺの子達は、ここでの暮らしだけしか知らないので、
不平や不満も感じる事なく、 私やスタッフに、しっぽを振ったり、
また気の合う子同士で遊んだりと、 楽しそうに暮らしてはいますが、
やはり新しいお家で1頭だけ、または2頭くらいでの暮らしをすると、
いっぱい甘えられる事の幸せを感じ、自分だけをいつも見てくれる、
新たな幸せを見つけた嬉しい表情や姿を見せてくれます。
赤ちゃん達の幸せと、お母さん達の幸せをいつもしっかりと
考えていかなければいけないと思っております。
巣立った後にこのように、近況やまた来店していただき
母親犬たちと再会できることが何よりの喜びです。
素晴らしい里親様にご縁を頂けた事を本当に良かったと思いました。
里親様、お迎え本当にありがとうございました。

いつもご遠方より美容にもご来店頂いて恐縮ですが
またお会い出来るときを楽しみにしております

イチゴちゃんが里親様に巣立ちました~♪

23日に
イチゴちゃんが横浜の里親様に巣立ちました~

イチゴちゃん巣立ち
ご家族様はご先代のヨ―キ―の女の子を16歳で亡くされています。
ご先代のヨ―キ―ちゃんは体格のしっかりした子でしたそうで、
お問い合わせ頂いたときも、体格の大きめな子をご希望されていました。

まず、イチゴちゃんの里親様を募集していた経緯からお話をさせていただきます。
これは、ぺぺの里親様の募集の現状でもありますので少し長くなりますが…
イチゴちゃんは引退してから、何度か里親様を希望される方と
お見合いをしています。でも、もっと体格の小さい子が良いと言うお話が多く
イチゴは大きめな体格の子ではありませんが、里親様をご希望される方の
お問い合わせは小さい子をご希望される方がとても多いのが現状です。

でもぺぺのお母さんのように、ブリ―ダ―で赤ちゃんを出産するお母さんは、
体格が1㌔台のような小さい体格の子はあまりいないのです…
そうした小さい子をご希望の方は、やはりご希望に叶うタイプを選べる、
赤ちゃんからのお迎えをご検討される方が良いのではないかと思います。

また他にイチゴちゃんがご縁が遠のいた理由は…
容姿は可愛くていいのだがもっとおとなしい子が良いと言う
お話がほとんどでした。
イチゴは子犬のように無邪気で元気で快活な子ですが
フレンドリ―でお茶目な子なのです。
でも、お転婆で手がかかるように思われてしまうようでした…
こうしてお見合い話は流れていました。
そうこうしている間にイチゴも今年10歳になりました。

私もスタッフもイチゴの良さを理解して頂ける方でなければ、
里親様にはお渡しせずに、ぺぺで生涯暮らさせましょうね…
と考えていました。

そうした中に、里親様からのお問い合わせを頂いたのですが
「体格の大きい子をご希望の方だから、
今回も気に入って頂けないかもしれないね」
とスタッフと話していました。

里親様と会ったとき、イチゴはいつものお見合いのように元気に
はしゃぎまくり、嬉しさのあまり、一時もじっと出来ない様子でした。
里親様は、そうしたイチゴの性格をとても気に入ってくださって、
お迎えを決めてくださいました。
私もスタッフも、お話する中で、お優しくて最高な
里親様にご縁を頂けたと思いました。

お迎えの前に、里親様はドッグランたまごさんにも、
「ナツちゃんの母…イチゴの里親になります…」と
ご挨拶に行かれたそうです。
お迎えの日も、本当はもっと早い時期でも良かったのですが
里親様に「21日のたまごさんに遊びに行くときに、
出来ればイチゴちゃんを集まりに参加させてあげてから」と
お申し出を頂いたのでした。
イチゴの遊ぶ楽しみや私達の気持ちを汲んでくださった事に
本当に驚くと同時に心より感謝いたしました。

巣立った日に、早速里親様から近況を頂きました。
「今日は有難うございました。
おトイレの失敗もなく、とっても良い子ですね!
夫も私も、お腹を見せて甘えてくる可愛いイチゴちゃんにメロメロです。」
イチゴちゃん
イチゴちゃん02

早速の近況とお写真ありがとうございました。
こんなに落ち着いて写真を撮らせた事にビックリです!
初日でこの様子にはイチゴちゃんらしくて嬉しいやら、
驚くやら(((^^;)ですが…
元気印でお茶目さんですが、10歳になりますので、
何かありました際には、いつでもご相談ください。
本当に里親様になってくださってありがとうございました。


ヨウコちゃんが里親様よりお迎えを頂きました~

24日にヨウコちゃんが横浜の里親様よりお迎えを頂きました~
ヨウコちゃん巣立ち
ヨウコちゃんは、3月31日で10歳になりました。
ヨウコちゃんはとても頭の良い、人に忠実なおとなしい子です。
子育てや出産はだいぶ前に引退しておりますしたが
私の母親が可愛がっていたので、里親様へのお願いを
積極的にしていなかった事もありまして気が付けば10歳になりました。
ここ1、2年は里親様をご希望される方に
時にはヨウコちゃんをご紹介をする事もありましたが
年齢的にもっと若い子を…と言うご希望が多かったので
ぺぺでずっと暮らす子と思っておりました。

ヨウコちゃんをお迎え頂いた里親様からお問い合わせを頂いたときも、
「ヨウコちゃんと言う子がおりますが、年齢的に今年で10歳になります」
とお話しましたが…早速にヨウコちゃんに会いに来てくださって
ヨウコちゃんを気に入ってくださいました。

里親様は先代のヨ―キ―の女の子を亡くされています。
その子とヨウコちゃんが容姿も性格もそっくりだとのお話を伺いました。
里親様は「シニア犬との生活をずっとして来ましたが、
もっとしてあげたかった事もあります。
それをヨウコちゃんにもう一度してあげたいと思います」
とお話をされて年齢的な事も承知して、お迎えを決めてくださいました。
ヨウコちゃんは、本当に有り難いご縁を頂く事が出来て
お迎えの日程も春休み中と決まったのです。

しかし…予期せね事が起こりました。
お迎え前に健康診断をしたところ、お乳に小さな腫瘍が見つかり、
ヨウコちゃんは腫瘍と乳腺を切除する大手術をする事になったのです。
腫瘍は病理検査に出して、悪性か良性かを調べる事になり、
もし悪性だった場合を想定して他に転移が無いかをも詳しく調べました。
私も里親様も、検査結果が分かるまで、心配な毎日が続きましたが…
結果、幸い腫瘍は良性でした。 本当にほっと致しました。

私は、ご縁のお話は白紙になるかもしれない…と
思う気持ちも少なからずありました。
でも、里親様はヨウコちゃんのすべてを受け入れてくださいました
本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。

お迎え前にヨウコちゃんの息子のクッキ―君
お別れの挨拶に来てくれました。ありがとうございました。
ヨウコちゃんとクッキーくん

手術を頑張って乗り越えたヨウコちゃんは、順調に体力も回復して
元気になりお迎えを楽しみにしてくださっていたお嬢様と
お優しいご家族の元へ巣立ちました
ヨウコちゃん巣立ち02

3月31日のお誕生日に里親様から近況を頂きました。
「こんばんは!今日はようこちゃんの10歳のお誕生日ですよね!
とてもくつろいで過ごしてくれています^ ^
初日は周りにワンちゃんが居ないのが不安だったのか、
鏡に映る自分をずっと見て、離れませんでした^_^;
3日目から一緒のベットに寝るようになって可愛くて仕方ないです。
本当にありがとうございました。」
ヨウコちゃんよりお写真

近況とお写真ありがとうございました。
ヨウコちゃんは、若い頃から控え目な子なので
ぺぺに居るときは甘えたい事やいろいろな自分の気持ちも
他の子達に遠慮して我慢していたと思います。
新しいお家で、たくさん甘えて、
のんぴりと暮らしている事が何よりも嬉しいです
お優しいご家族様の元で、必ず幸せになってくれると思います。
いいえ、今もう幸せですね
里親様、お迎え本当にありがとうございました。

またヨウコちゃんと一緒にぺぺに遊びにいらしてください。
お待ちしております


よもぎちゃんが里親様に巣立ちました♪

3日に…
よもぎちゃんが小田原の里親様からお迎えを頂きました

よもぎちゃん
ご家族様は先代のヨ―キ―ちゃんを16歳で亡くされています。
ご愛犬を亡くされてから、
また子犬を迎えるかどうかを考えていらしたそうですが
ご自身のご年齢から、赤ちゃんをこれから15年余りお世話を出来るかどうか…
を考えて赤ちゃんを迎える決心がつかなかったと伺いました。

でも、寂しそうにされているご両親を心配された息子さんが、
子犬ではなくて成犬ならばどうだろか…とご両親に提案されて
ぺぺに里親として迎えられる成犬はいませんか?とお問い合わせ頂いたのでした。

私は先代のワンちゃんとは会った事が無かったので、
どのような子だったかは知らなかったのですが
ご家族は初めてよもぎちゃんと会ったとき、
「わあ!前の子にそっくりです!」と驚かれたように話されました
沈まれていたご家族に、ぱあ―と笑顔が広がりました。

私とスタッフで、よもぎちゃんの性格や
いろいろな日常の暮らしぶり等もお話しました。
鳴らせる玩具が好きで良く遊ぶ事…
食いしん坊さんな事…
いつもシッポを振っている事…
話しているうちに、よもぎちゃんとの沢山の思い出が浮かび、
スタッフが感極まり涙してしまいましたので
ご家族様にご心配をおかけしてしまいました。

いつもそうですが…里親様に巣立つ子たちの
お迎えの日は堪えきれずに私も泣いてしまいました。
よもぎちゃんが必ず幸せになれるお家に迎えて頂けたという事は
ご家族様とお会いして私もスタッフも確信しておりましたので
お優しいご家族様とご縁を頂けた事に心から感謝しております

よもぎちゃんはお迎えに向けて避妊手術や健康診断を終えてから
お迎えの日程を3日に決めさせて頂きました。
お迎えの3月3日は先代のワンちゃんのお誕生日だったそうです…
よもぎちゃんにとっても、この日は新しい暮らしが始まる誕生の日となりました。

お迎えから1週間経ったよもぎちゃんの様子を伺いました…
すっかりご家族に懐いてくれて、もうずっと前から
お家に居た子のように過ごしているそうです。
朝はご家族様が起きてくるのをシッポがちぎれそうに振って待っているそうです。
「新しいお家は美容院をされていて、ご来店するお客様にも
「可愛い、可愛い」と人気者ですヨ!
またよもぎちゃんを連れてぺぺに遊びに行きますネ」
とお話を伺いました。

よもぎちゃんはご家族にたくさん甘えて、愛情いっぱいな中で
のんびりとした毎日を暮らしている事が伝わってきました。
里親様には心から感謝申し上げます。
よもぎちゃんをお迎え頂き、本当にありがとうございました。
また、よもぎちゃんに再会できますときを楽しみにしております